Q&A パーマ・カラー編

Q1. パーマとカラーは同時にできますか?

A1.当サロンでは施術時に、髪に必要なたんぱく質を補給しながら保護しますので可能です。が、各技術の持続性や髪の負担を考慮すると、別の日にする事をおすすめします。
まず先にパーマを行い、1週間以上あけてからカラーを行うのがおすすめです。頭皮への負担も減り、持続性や発色が良くなりますよ。
 

Q2. パーマやカラーを頻繁にすると傷みますか?

A2.個人の髪質にもよりますが、髪の同じ部分に薬剤を頻繁に使用するとダメージは確実に進行します!日々のケアをしっかりすればダメージの進行を抑えやすくはできますが、定期的なサロンでのケアをおすすめします。
 

Q3. マニキュア(酸性カラー)やヘアダイ(アルカリカラー)の違いは?

A3.簡単に分けると
マニキュア(酸性カラー)は、髪の表面(キューティクル)とその少し内側に吸着させコーティングする物です。脱色作用がないのでダメージはありませんが、黒髪を明るくする事はできません。白髪には、好みの色を染めることができます。
ヘアダイ(アルカリカラー)は、髪の表面(キューティクル)を開いて内部にまで色素を入れ込みます。黒髪の元であるメラニンを脱色(分解)するのと同時に、色素をとり込ませる物です。明るい色にする程、ダメージレベルは高くなります。
ブリーチは、脱色して髪の色素をおとす物です。金髪にしたい時などに用いますが、ダメージレベルは“強”です!
 

Q4. カラーの褪色(色落ち)の原因とその対策は?

A4.褪色の原因は共通してキューティクルの損傷があげられます。
マニキュア(酸性カラー)は、シャンプーする際に少しずつ洗い流されたり、熱や摩擦などによって、吸着していた色素が剥がれてしまいます。
ヘアダイ(アルカリカラー)は、キューティクルが剥がれたり開いていると内部の色素が外に流れ出てしまいます。その他に、紫外線(直射日光)・光化学スモッグ・塩素(プール)・汗などでも褪色します。
対策としては、まずカラーをしてから24時間程度は髪を安定させるため、シャンプーをしないようにして下さい。ホームケアでは、弱酸性のヘアーカラー用シャンプー&トリートメントを使用し、洗い流さないタイプのトリートメントを併用して頂く方が髪の状態が整うので、褪色を防止してくれます。洗浄力の強いシャンプーは色落ちが早く、髪のたんぱく質まで流してしまいます。
 

Q5. 市販品とサロンでのカラー剤の違いは?

A5.市販品では、薬剤の強さを調整できず、明るさのレベルを調節しにくいのでダメージが強いのです。その為、ムラになりやすく色落ちも早いです。
サロンでは、髪質とダメージレベルに合わせて薬剤の強さを低レベルから調整できます。施術時にたんぱく質の補給ができるので、ダメージを最小限に抑えながら明るさ・発色などの細かいご要望にもそう事ができます。ですから、色持ちが良いのです。
 

Q6. 市販品とサロンでのパーマ剤の違いは?

A6.市販品では、カラーと同様に薬剤の強さを調整できず、保護剤もないのでダメージを抑えられません。
サロンでは、髪質と目的に合わせて薬剤の強さを低レベルの物から選択できます。たんぱく質の補給と共に、アルカリ除去をしっかり行いますので、ダメージを最小限に抑える事ができます。

Powered by WordPress