Q&A 縮毛矯正とストレートパーマ編

Q1. 縮毛矯正とストレートパーマの違いは?

A1.ストレートパーマは、パーマをおとす・ボリュームを調整しやすくする・癖を軽くとること等が目的です。髪質にもよりますが、持続性は高くありません。
縮毛矯正は、癖をとる・ボリュームをなくすこと等が目的です。髪の内部からキューティクルまで修正し、乾かすだけでツヤ・まとまりを実現します。持続性は高く、半永久状態にする事もできます。
 

Q2. 縮毛矯正をしても、パーマやカラーはできますか?

A2.カラーは、縮毛矯正後に1週間以上の間隔をあけて頂ければ大丈夫です。ただし、ブリーチをするような高明度のものはおすすめしません。
パーマは可能ですが、縮毛矯正剤の種類によってはかかりが悪く、ご希望のスタイルにそう事が難しいかもしれません。カウンセリングの時に、担当のスタイリストによく相談してみて下さい。
 

Q3. 縮毛矯正やストレートパーマと、カラーは同時にできますか?

A3.縮毛矯正の場合、基本的にはできません。先に縮毛矯正を行い、1週間以上の間隔をあけてからカラーを行ってください。
ただし、毛先の色に合わせてのリタッチカラーや、色味にこだわらないで明るくしたい場合のみ可能です。(色味にこだわりたい場合・明るい髪を暗めにしたい場合(トーンダウン)・白髪染めの場合は、後からカラー剤を使用しないと色味があせてしまうのです。)
ストレートパーマの場合、同時施術は可能です。ですが、ストレートの持続性と髪への負担を考慮すると、やはり1週間以上の間隔をあけてからのカラーリングをおすすめします
 

Q4. 縮毛矯正は傷みますか?

A4.根本的には薬剤を使用し、アイロンやブローの熱処理も行いますので負担はゼロではありません。ですが、施術時にたんぱく質の補給等で保護をするので、ダメージを最小限に抑えることはできます。
以前の縮毛矯正剤は、癖を伸ばす事だけが目的だったので、ダメージも大きく施術後きしみ等が出やすかったのです。
ですが、常に薬剤は改良されていて、質感がなめらかで濡れている時でもきしみが少ない良質の物が多くなっています。(当サロンの薬剤はこのタイプです。)

1〜2ヶ月に1度の定期的なサロンケアにより、良い状態を持続することができます。

Powered by WordPress